• 神奈川の自然葬の特徴について

    最近では死後に、自然の大きな循環の中に還ることができる自然葬の人気が高まっています。



    この自然葬には樹木や花を墓標にして埋葬する樹木葬や、遺骨を粉末にして海や山に撒く散骨などがありますが、どちらの場合も墓石の必要がないので費用があまりかからないということと、墓の継承者がいなくても永代供養を依頼できるというメリットがあります。そして、神奈川の場合には海も山もあるので、これらの自然葬の中から自分の好みに合ったものを選べる可能性が高いと言えます。


    また、樹木葬に関して言えば、里山型の他に公園型のものもあり、こちらならば交通の便が良いところで探すことも可能になります。
    さらに、神奈川の場合は自然に恵まれていると同時に、買物や飲食が楽しめるところも多いので、公園型の樹木葬を選べばお参りの帰りにそんな場所に寄ったり、都会的な雰囲気を楽しむこともできます。

    goo ニュースに今、注目が集まっています。

    そして木や花も、山にあるスケールの大きな自然の中のものから、霊園の中にあり、洒落た雰囲気で四季折々の変化を見ることができるものまで、さまざまなタイプのものがあります。



    さらに神奈川は海の見える場所としても有名なので、そんな海に遺灰を撒く海洋散骨の場所としても適しています。

    このように神奈川は自然葬にふさわしい地域であり、これが可能な葬儀社もたくさんあるので、この形の葬送法に興味がある場合は、そんなところに相談してみると良いでしょう。
    ただ、特に樹木葬の場合は、山の中など交通の便が悪いところもあるので、周囲の風景や雰囲気の良さだけでなく、通うことも考えた上で選ぶことが大切です。