• 自然葬が行いやすい神奈川県

    お寺とのしがらみが現代の形態に合わなくなってきており、檀家の引き継ぎをこどもにさせたくない親もいます。


    そんな親の願いをかなえてくれるのが自然葬です。



    散骨という形であれば、お墓を持つ必要がありません。

    多額の寄付が必要ではなくなり、こどもの負担が減ります。

    自然が豊かで、山だけではなく海もある神奈川県では自然葬がしやすいです。
    しかも交通機関がきちんと整備されているので行きやすいです。
    自然葬で例え海に散骨しても、法要を行いたい場合は海にまた行くことになりますが、神奈川の海であれば都内からすぐに行くことができます。
    観光地もたくさんあるので、親戚が集まったさいにはついでに観光案内して親睦を深める機会にもなります。埼玉など周辺地域に住んでいても大丈夫です。


    神奈川の自然葬を使うことに問題はありません。


    内陸の山奥にあるお寺などだと、交通の便が悪く行きづらい場合があります。
    その地域にこどもがずっと住んでいればいいですが、そうではなくもう他の土地で仕事をもって家もそこにあるということであれば、お墓にこだわる必要はありません。それよりも供養しやすい場所にしたほうが、こどもも法要を行いやすいです。

    鋭い観点からYOMIURI ONLINEを初めて利用する方へ知っておいて欲しい基礎知識やオススメ情報をお教えます。

    大きなお墓を持つよりも、一部の遺骨を住んでいる家の仏壇に残したほうが管理もしやすいですし、より身近です。



    毎日の管理にお墓まで行く必要がなくなります。故人を偲ぶことは子孫にとって大切なことです。遠いお墓に眠るよりも自然葬で散骨し、家にある仏壇でやすらかに眠るという選択も考えてみてください。