• 神奈川県の樹木葬について

    お墓の形態の多様化で、自分のお墓の在り方を自分で選択する方が増えています。

    その中でも近年人気なのが樹木葬です。


    この方法とは、墓石の代わりに木々や草花を墓標としたお墓で、その人気の上昇に伴い樹木葬を行っている寺院や霊園が増えました。木々や草花といった自然の基本であるものの下に眠るということは自分も自然の一員として自然に還るという思想の元、穏やかに安らかに永遠の眠りにつきたいと考える方が増えてきているのです。また、少子化の影響でお墓の継承者がいない場合も、その管理や維持は寺院側が行ってくれるところや、墓石を購入して建てるお墓よりも費用が安く済むこと、そして、子や孫にお墓の管理や維持などの面倒を負わせたくないという気持ちから樹木葬を選ぶ方も少なくありません。

    東京の永代供養はとにかくお勧めです。

    そうした樹木葬は合同で植物の下に遺骨をうめる形態が多く、夫婦ならずとも、親しい友人やペットなどと一緒にお墓に入ることが出来る良さもあります。更に仕事や家が都内近郊にある方が遠く離れた代々のお墓よりも、自分の生活範囲の中でのお墓に入りたいと希望する方が増えていることにもあります。


    そうしたニーズに応えて、神奈川には多くの樹木葬が実現できる寺院や霊園が多いです。

    知って得する朝日新聞デジタルの有益な情報の紹介です。

    都心からも近くありながら自然との融合がうまく行われている神奈川は、ゆっくりと安心した永遠の眠りに最適な場所としても人気が高いです。



    そして、それをお参りする子孫たちの交通の便の良さなども神奈川で選ぶ方が多くいる理由です。